読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雰囲気で話す

映画紹介を得意としているライターのブログ

「年寄りが作ったと思われたら終わり。」三重県大台町の木工職人、廣田さんから聞いたドキッとする話 #大台町PR

行ってきた

移転しました。

ども、ゆうせいです。年月を重ねることで深みが出る。これは人間でもウイスキーでも同じです。しかし、そこに古さが出てしまうとマイナスに働くことになるかもしれません。

深みにこだわるばかりに、新しい技術やニーズに対しておろそかになってしまうのです。

そこで今回は、三重県大台町で60年以上も大工として働き、現在は木工職人として活躍している、ウッドクラフト廣田の廣田利夫さんからお聞きしたドキッとする話をお届けします。

当記事は移転しました。
「年寄りが作ったと思われたら終わり。」三重県大台町の木工職人、廣田さんから聞いたドキッとする話 #大台町PR | 雰囲気で話す