読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雰囲気で話す

映画紹介を得意としているライターのブログ

映画

初めて本気でゴジラを意識した

ども、ゆうせいです。IMAXで「シン・ゴジラ」を観てきました。ちょっと本気で恐怖を感じました。宇宙人よりも、地底人よりも、そしてゾンビよりも、ゴジラの方が何倍も怖いです。初めて本気で意識しました。これが現実になったらどうしようかと…つまり、ゴジ…

この先マジで後悔しない人生を生きようと思える映画「僕だけがいない街」に出会えて良かった

「僕だけがいない街」の試写会に参加してきました。この映画はタイムリープ系、ようするに昔に遡って未来を変えようともがくストーリーです。 当記事は移転しました。 この先マジで後悔しない人生を生きようと思える映画「僕だけがいない街」に出会えて良か…

【ネタバレあり】キアヌの「ジョン・ウィック」のガンフーはすごかったけど内容は刺さりませんでした

ども、ゆうせいです。全国のキアヌ・リーブスファンの皆様、そして「ジョン・ウィック」大好きの皆様、先に謝っておきます。すみません。この映画、全然おもしろくありませんでした。 当記事は移転しました。 【ネタバレあり】キアヌの「ジョン・ウィック」…

【ネタバレ無し】「オデッセイ」は元気が出るとか通り越して前向き、いや前のめりになれる映画

ども、ゆうせいです。オデッセイ観ました。完全なる超絶プラス思考の主人公から絶対に諦めない心、逆境に負けない心を学べる映画です。(ちなみに原題は「THE MARTIAN」です。) 当記事は移転しました。 【ネタバレ無し】「オデッセイ」は元気が出るとか通り…

予告を観てもピンとこなかった「キャロル」が良かった件

ども、ゆうせいです。タイトルにもある通り、今回は「キャロル」を観ましたってお話です。 本作は完全に女性向けの映画であって、ヒゲメガネの私は試写会の会場でも浮いていました。 当記事は移転しました。 予告を観てもピンとこなかった「キャロル」が良か…

究極の自己顕示!「クリード チャンプを継ぐ男」は号泣必至だからハンカチ必携

ども、ゆうせいです。自分っていったい何だい? どうすりゃ自分らしくなれるの? 思うように生きていないとか、ま、生きているといろいろと悩みや葛藤があるかもしれませんが、ごちゃごちゃ言ってないでクリードを見れば何かのきっかけをつかめるかもしれま…

タイムマシンと超能力って…要素を2つ入れたらダメ!と思ったらそこそこ楽しめた【LOOPER】

ども、ゆうせいです。「LOOPER」を観ました。タイムマシンで未来から送られてきた人を処刑する人の話です。ただ、作中に「TK」と呼ばれる、いわゆるテレキネシス(意思の力だけで物体を動かす能力)も出てきます。 うーん…この… 当記事は移転しました。 タイ…

これを見たら邦画の面白さが分かったつもりになって語りだすかもしれない【ジヌよさらば】

ども、ゆうせいです。「ジヌよさらば」を観賞しました。この映画、松尾スズキワールド全開の、キモくて、痛くて、ちょっとエロくて、でも泣けるっていう素晴らしい作品。 当記事は移転しました。 これを見たら邦画の面白さが分かったつもりになって語りだす…

男ですみません、もっと優しくなります【駆け込み女と駆け出し男】

戦国時代の話って、聞く分にはいいけど、実際は刀をもって殺し合いをしていたわけで、それはそれは恐ろしいですよね。となりの領地を奪いに行くからみんなで攻め込むぞって、ちょっと待ってくれやと言いたくなる。 で、ちょっと思ったのは、男が女に威張るの…

すごいCGでごまかそうたってそうはいかんぞ「LUCY」

ども、ゆうせいです。リュック・ベッソン監督の「LUCY」観ました。間違えてiTunesの方でレンタルしたのでChromecastを使って大画面じゃなくて、iPad mini の小さい画面で観ました。 ま、小さい画面とか置いといても、これ、何がどうなってんねや?って作品で…

なぜお前が生き残るのか…「ホビット 決戦のゆくえ」

ども、ゆうせいです。「ホビット 決戦のゆくえ」を観ました。危うく上映期間終了となって、ブルーレイ発売まで待ちきれないよぉとか言うところでした。 で、そのホビットなんですけど、いや、ホビットというか、ロード・オブ・ザ・リングの方も含めてなんで…